ホール選びや立ち回り方について ~その②~

遊タイム パチンコ

ホール選びや立ち回り方について ~その①~の続きとして、今回は最近よくある「遊タイム機」のことについてどう立ち回ったら良いかなど考察していきます。

遊タイムロゴ

遊タイムの期待値はどれくらい?

最近ではエナなど全くしなかったパチンコユーザーやスロットメインで立ち回っていた方も遊タイム機を打つようになっています。単純にここまで回せばほぼ大当たりが取れるという安心感が魅力的ですね。
そういった魅力のある遊タイム機ですが、釘調整がボーダー以下と渋くなるデメリットも多く、発動まで残り450とかでも3万近く入れてしまうこともよくあるパターンです。
気になる期待値については皆さん攻略サイトなどでお調べされている通りで間違いありませんが、普段よく落ちているケースのほとんどが2000円程度ではないでしょうか。
まずは私が普段遊タイム機を拾った際に、どうやって期待値を計算しているかを一例としてご紹介します。

普段使っている期待値計算ツールを使う

皆さんいつも調べておられるように、攻略サイトなどの期待値早見表で粗方把握する必要がありますが、私は普段期待値計算で使わせてもらっている「パチンコスペック解析」の、遊タイム期待値計算ツールを使用して計算しています。
仮に、以下のような台を拾ったと仮定します。

  • 北斗無双3 現在549回転(遊タイムまで残り400回転)
  • 27.5玉交換店
  • 現在の持ち玉10000玉
  • ヘソちょい開きですが、道釘・他入賞マイナスの為回転率は16~18と予想。


使い方は以下の通り。

期待値計算ツール

必要事項を入力して計算を出せば終わりなのですが、回転率は打っていかないと分からない為、予めどれくらい回りそうか把握する釘読みのスキルもいずれは求められてくるでしょう。

期待値計算ツール

期待値は約4800円と出ました。見ればわかるかと思いますが、ボーダーラインも12ちょい、単価も20円超えと非常に高くなっているのが分かるかと思います。これなら多少回転率が落ちても十分期待できる内容ですね。
夕方から稼働する私などはこういった台が1台拾えたら甘海を閉店少し前まで打つのとさほど変わらない期待値になるのでとても助かりますね。

サミー道釘

余談ですが今の現行機種やP機はコンプライアンスか規制なのかよく知りませんが昔と比べ回転効率が落ちている分、他入賞へ入賞しやすく玉持ちが良くなるよう調整されつつあります。その為ヘソを大きく広げた分他入賞を閉めたり寄りを悪くするホールが目立ちます。
また、サミーの台は道釘を悪くされやすい傾向にあります。
写真は初代無双の道釘ですが、本来まっすぐなものが凸凹になっててこぼしポイントに引っかかって落ちやすくなってしまっています。
無双3でヘソは広く風車周辺も悪くないのに回らないといった場合はこんな感じで道釘をマイナス調整にしていないか確認してみましょう。
まっすぐかどうかは盤面からスマホを当ててみればすぐ判別できます。
道釘+他入賞閉めで2回転は回転率に差が出るはずです(管理人調べ)

遊タイムを拾うメリットとデメリット

ハイエナ

単純に手軽に期待値を追う事ができるので遊タイムが近い台を拾うのはとてもお手軽であり、ラムクリアをしないホールであれば前日の回転数を引き継ぐので朝一は遊タイムの近い台を打ち、抜けたら普段の稼働に戻るなど。かなり有利に立ち回れることでしょう。
デメリットについては、他人がお金を入れて回した台を拾う以上はハイエナ行為としてみなされます。過度な張り付きや徘徊が酷い場合周りのお客さんからも迷惑がられるほか、厳しいお店の場合マークされて最終的に出禁になってしまうこともあるかもしれません。
また、遊タイム発動までに3R通常大当たりを引いてしまい大損してしまったなんてよくあることです。
当然のことながら、途中で当たってしまって損してしまうのも想定内です。試行回数を重ねないと期待値通りに収束しないことは理解しておきましょう。

ホールの状況が良い場合

期待値計算の知識が身についていれば、わざわざハイエナに徹しなくても回る台をずっと打ってるほうが安定して積んでいけるでしょう。
状況が良い場合の理想的な立ち回りは、

  1. 朝一は宵越しで遊タイム狙いの期待値を追う
  2. 遊タイム抜け後、回るなら打ち続ける。回らなかったりもっと回りそうな台があれば移動し打ち続ける。
  3. 閉店又は終了予定2時間ほど前から遊タイム残の浅い台を狙う。

あくまで状況がいい場合ですが、こんな感じで立ち回るのを推奨いたします。
今までの正攻法は②を朝一から打ち切ることでしたが、遊タイム機なら話は別。大海spなどの遊タイム付きの機種だと閉店までに取り切れない可能性もあり、翌日ハイエナやプロに取られるのもあまり嬉しくないですよね。ましてや癖のいいデキ台とかだとプロに極力知られたくないですし。そういう意味合いも兼ねて遊タイムの期待値が低い状態で離れたいところですね。
こういった場合は③を実践して取り切って終了するのがおススメです。状況が良ければこの立ち回りで期待値2~3万は取れそうですね。③は今打っている台が回っているなら軽く見に行く程度にしておき、長時間手を止めてまで残狩りに徹しなくてもいいかと思います。その辺は残り回転数と相談しながら、状況に応じてになりますね。時間は有限と心得ておきましょう。
この方法だとハイエナは朝一と帰る前の2台だけになるのでお店にもマークされにくいと思われます。

今後ともよろしくお願いいたします!

2021年1月現在、コロナ緊急事態宣言再臨で全国のパチ屋も営業時間短縮や自粛の可能性があり、専業や兼業問わず皆さんも不安定な状況にあると思いますが皆さんの役に立つ情報を発信していきたいと思いますので今後ともご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました